ドジャースの前田が大リーグ2年目のシーズンに向けてスタートした。キャンプ初日はブルペンで31球。昼前に全体練習を終えた。「昨年より状態はいい。(キャンプの)流れもつかめたし、チームメートにもなじめ、今年は自分のリズムで調整がしっかりできる」と満足そうに話した。

 昨季はシーズンを通じてローテーションを守り、16勝11敗で防御率3・48という好成績を収めた。だが「キャンプでアピールしなければならなかったので、調整を早めた。その分、シーズンの中盤から調子が落ちてしまった」と振り返る。初めての大リーグのキャンプで勝手が分からず、ストレスを感じてもいた。昨季活躍できたこともあり、今季は焦らずに取...    
<記事全文を読む>