新加入の左腕・エスコバーが、名護で初めてフリー打撃に登板した。

 栗山監督はじめ、首脳陣が熱視線を送る中、松本を相手に25球を投げ、安打性の当たりは5本。打者の手元で少し動くフォーシーム、シンカー、チェンジアップ、スライダーと持ち球全てを投げ込んだ。「この時期にしては状態は良い。全球種でストライクを投げられたのが収穫だね」とエスコバーは胸を張った。

 初実戦は18日に行われる紅白戦(国頭)に決まった。栗山監督は「低めに投げようという意識は伝わった。そこにどれだけ力が加わってくるか楽しみ」と笑顔。吉井投手コーチも「球も制球力も、もっともっと上がってくると思う」と期待を寄せた。<道新スポーツ2...    
<記事全文を読む>