昨季、千葉ロッテの先発左腕が挙げた勝利はチェンの1勝のみ。新たな風を吹かせるべく、2年目の成田が石垣島で懸命に汗を流している。

 キャンプ第2クールの8日、2軍のシート打撃に登板し、打者5人を無安打。4三振を奪い、首脳陣に猛アピールした。12日に行われた台湾プロ野球のラミゴとの交流戦では1回を投げた。今季初の実戦は「緊張で思い通りに投げられなかった」と腕が縮こまって武器の変化球でストライクが取れず、1安打1失点。それでも直球で詰まらせる場面が目立ち「そこは収穫」とうなずいた。

 翌日は午後からブルペン入りしてフォームの修正を図った。「腕を振り切ることを意識した」と前日の反省をもとに武器の一...    
<記事全文を読む>