新加入の小山雄輝が実戦初登板に臨み、この日最速148キロの直球を駆使して六回を打者3人で完璧に封じた。見せ場は1死で対戦した打者を空振り三振に仕留めた場面。直球でぐいぐい押し、カウント2-2から7球目の変化球で切って取った。

 小山は「緊張したが、ストライク先行の投球ができたので良かった」と一安心した様子。先発、救援ともこなせる器用さがあるが、梨田昌孝監督は救援の適性に引かれたようで「ある程度計算できると感じた」と語った。

...    
<記事全文を読む>