プロ野球の巨人が14日、沖縄セルラースタジアム那覇で2次キャンプを開始した。初日は沖縄県出身で7年目の右腕、宮國椋丞(24)=糸満高出=もファンの前で精力的に汗を流した。3年ぶりに先発への再転向が決まったという宮國。「沖縄でアピールしていきたい」とチーム内での競争に静かな闘志を燃やしている。就任2年目の高橋由伸監督の下、3年ぶりのリーグ制覇と5年ぶりの日本一奪回を目指す巨人。2次キャンプ初日、宮國はエース菅野智之やソフトバンクから新加入の森福允彦らとともに投内連係やキャッチボール、打撃練習などをこなした。この日は晴天で気温も18度まで上昇。宮國は「宮崎は少し寒かった。暖かな気候は慣れて...    
<記事全文を読む>