東北楽天は15日、沖縄本島の練習拠点、金武町ベースボールスタジアムで午前、午後の約5時間、練習した。

 新外国人のハーマン投手が初めて打撃投手を務め、打者と対戦した。岸孝之投手が3日連続でブルペン入りしたほか、野手陣もアマダー内野手、ペゲーロ外野手らが打撃練習で快音を響かせた。

 16日は同球場で韓国プロ野球ハンファと練習試合をする。

...    
<記事全文を読む>