同じ失敗を繰り返しはしない。中日の柳が投じたボールに、はっきりとした意思がこもっていた。韓国プロ野球KIAとの練習試合。五回からマウンドに上がり、安打を許して2死一塁。2球で追い込むと、小気味よかった投球のテンポを一変させた。じっくりと間を取ってサインを確認。「三振を取ろうと思った」。外角低めに沈む「縦の真っスラ」で、狙い通りバットに空を切らせた。

 プロになって初めての対外試合で、いきなりの痛打を教訓に変えた。先頭の4番打者を2球で追い込みながら、外角への直球が甘く入り、中前打を浴びた。「たまたま安打だったけれど、本塁打ならそれで(試合が)終わる可能性もある。アマとプロの違いだ」と指摘...    
<記事全文を読む>