3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に千葉ロッテから日本代表として唯一選出された石川が、昼食時間に行われた角中の特打に登板。昨季の首位打者相手に約50球投げ、安打性の打球は2本。バットを3本折るなど好調ぶりを見せた。

 キャンプではブルペンの投球練習から滑りやすいとされるWBC公認球を使用し、大舞台へ着々と準備を進める。今回も同球を使用し、「違和感はない」とうなずいた。

...    
<記事全文を読む>