プロ野球・読売巨人軍の那覇キャンプが14日、沖縄セルラースタジアム那覇で始まった。エースの菅野智之や内海哲也、選手会長の長野久義、坂本勇人ら人気選手らも多いこともあり、球場にはキャンプ初日から大勢のファンが駆け付けた。糸満市出身の投手、宮国椋丞(糸満高出)も他の選手に交じり、元気な様子を見せ、内野連係の守備練習などで軽快な動きを見せていた。

 那覇市はこの日、晴天に恵まれて気温は17度を超え、暖かな日差しが選手らを出迎えた。練習前には読売巨人軍那覇協力会が球場で歓迎式を開いた。高橋由伸監督をはじめ選手らがグラウンドに姿を現すと、スタンドからは拍手と歓声が湧き、ジャイアンツカラーのオレンジ...    
<記事全文を読む>