東北楽天は14日、沖縄本島の練習拠点・金武町ベースボールスタジアムで韓国プロ野球ハンファと今季初の対外試合をし、8-4で勝った。

 一回に先発森雄大が4失点したが、その裏に中川大志の満塁弾などで5得点して逆転。その後も着実に加点した。投手陣は三回以降、則本昂大、松井裕樹、ドラフト9位新人の高梨雄平(JX-ENEOS)ら7人が各1回を投げ、いずれも無安打、無失点でしのいだ。

 15日は同球場で練習を行う。

...    
<記事全文を読む>