1回を2奪三振の三者凡退 六回に登板した高梨雄平が2奪三振を含む三者凡退と好投した。変則左腕から投げる変化球で打者のタイミングを外し、「スライダーが使える球になってきた」と手応えをにじませた。

 投球時に体を内側に巻き込む独特のフォームから、テンポ良く投げ込んだ。「投球フォームが固まってきた」と、スライダーの曲がりが良くなった様子だ。

 金刃に続く左の中継ぎとして期待がかかる。「中継ぎは一球が命取りになるということを意識して練習したい」。自覚を持ってチームを支えようとしている。

...    
<記事全文を読む>