プロ野球の楽天野球団(仙台市、立花陽三社長)と陸前高田市は、スポーツ振興と子どもの健全育成を目指し、パートナー協定を締結する。2015年に球団から被災地支援の申し出があり実現した。震災から間もなく6年となるが、同球団は支援を継続する。

 同市は震災で被災した野球場やサッカー場などの運動施設を震災前と同じ高田松原近くに復旧する方針。19年度の完成を目指しており、同球団へ支援を要望している。大槌町では支援の一環として仮設グラウンド整備費の募金を行い、今春完成予定となっている。

 球団はハード面だけでなくソフト面での支援も提案。球場の愛称に「楽天イーグルス」の名称やロゴを使い、野球教室を年1回以...    
<記事全文を読む>