【沖縄県名護市で運動部・斎藤孟】プロ野球・日本ハムの岸里亮佑(花巻東高)は14日、沖縄県の名護市営球場での紅白戦に出場し、俊足をアピールした。4年目は昨年に続き、1軍キャンプに帯同しており、激しい外野手の定位置争いに食らい付く。

 午後からの紅白戦では7番左翼で先発し、1打席目は遊飛。2打席目は遊失で出塁し、果敢に二盗を決めた。

 岸里は「甘い球が来たら積極的に打とうと思っていたので、やろうとしていることはできている。走塁は走ってなんぼですから」と持ち味を発揮した。

 チームの外野手は西川遥輝や岡大海ら三拍子そろった若手が多い。陽岱鋼は移籍したが、巨人から大田泰示が移籍し、競争が激しい。

 生...    
<記事全文を読む>