プロ野球・読売巨人軍の那覇キャンプが14日から始まり、那覇市の沖縄セルラースタジアムで同日午前、球団の歓迎式が開かれた。高橋由伸監督をはじめ選手がグラウンドに入場すると、客席からは拍手と歓声が沸き、ジャイアンツカラーのオレンジ色のタオルを振り回して歓迎するファンもいた。

 那覇市は同日晴天に恵まれ、気温は17度を超えた。城間幹子市長は「今年のキャンプは16日と長い。市民とファンは長い時間、一流の力を体感することができる」と笑顔であいさつした。「日本一を目指して、頑張ってください」と力を込めて激励した。同市からは県産マグロ5~8キロ相当が贈呈された。

 キャンプは3月1日まで。18、19、2...    
<記事全文を読む>