【名護】プロ野球で昨季日本一の日本ハムが12日午前10時ごろ、春季の2次キャンプを行う名護市に到着した。宿泊先のホテルでは稲嶺進名護市長ら約100人の市民や日ハムファンが出迎え、日本一を祝福し、2次キャンプの成功に向けてエールを送った。名護市営球場での2次キャンプは25日まで。

 日ハムの選手を乗せたバス2台がホテルに到着すると、出迎えた市民らは旗を振って歓迎した。稲嶺市長がバスを降りた栗山英樹監督に「ようこそいらっしゃいました」と声を掛けると、栗山監督は「よろしくお願いします」と答え、監督を先頭に選手らが続々とホテルに入った。

 大谷翔平選手はほかの選手と一緒に笑顔を浮かべながら、市民の...    
<記事全文を読む>