千葉ロッテの石垣島キャンプは11日、第3クールに突入。台湾プロ野球のラミゴを迎えて今季初の対外試合を行い、4-10で敗戦した。

 平沢のソロ本塁打、大嶺翔の適時打などでリードしたが、八回にリリーフの原が打ち込まれ逆転。九回にも突き放された。地元で先発登板した大嶺祐は3回2失点だった。ラミゴ002000035-10000030100-4千葉ロッテ(ロ)大嶺祐、二木、宮崎、信楽、原、黒沢-吉田、宗接

...    
<記事全文を読む>