沖縄市観光物産振興協会は25日にコザゲート通りで行われる「広島東洋カープ セ・リーグ優勝パレードIN沖縄市」に合わせ、大人向けの「イベント民泊」を沖縄県内で初めて実施する。民家に観光客を受け入れる際に本来必要な旅館業法の許可がなくても営業できる期間限定の仕組み。市内に住むカープファンの自宅に県内外のファンを受け入れる。ホテルや旅館の空き室不足を解消する狙いがあり、3日間で約32万人が訪れる9月の第62回沖縄全島エイサーまつりで本格運用を目指す。

 イベント民泊は、2015年6月に閣議決定された規制改革実施計画の一つ。祭りやコンサートなど、行政が指定したイベントであれば実施できる。国への届...    
<記事全文を読む>