昨季ブレークした2年目、茂木が好調ぶりを見せた。白組の1番遊撃で先発し、鮮やかな2長打を放った。「初球から甘い球を振っていくのが自分の長所。アピールできて良かった」と笑顔で振り返った。

 第1打席は松井裕の初球の直球を強振して左中間に二塁打を放った。2死一、二塁からは投球がワンバウンドする間に、一走の内田と共に次の塁を陥れた。

 第2打席は古川の投手心理を突いた。「一番自信のある直球でストライクを取ってくるだろう」との読み通り、1ボールから甘く入った直球を右中間へ。一気に三塁まで到達すると、中継した内野の悪送球の間に本塁に生還した。

 「今年はチームとして走塁に力を入れている。今はミスしてい...    
<記事全文を読む>