午前9時、静かなブルペンの片隅で投球練習が始まった。ネットを目掛けて黙々と左腕を振るうのは、菊地原3軍投手コーチ。引退から3年のブランクを経て、「復帰登板」へ急ごしらえの自主トレーニングに励んだ。

...    
<記事全文を読む>