11日の台湾プロ野球ラミゴとの交流試合に先発する大嶺祐が、休日返上でキャッチボールや短距離ダッシュなどで調整した。昨秋からコンパクトにした投球フォームの腕の振りも確認した。

 わずか1勝に終わった昨季からの巻き返しに向け、この試合に照準を合わせてきた。「しっかりと投げられる準備をしてきた。結果にこだわってアピールしたい」と意気込んだ。

...    
<記事全文を読む>