【沖縄県久米島町で運動部・斎藤孟】プロ野球楽天の銀次(盛岡中央高)は「梨田昌孝監督を胴上げしたい」と4年ぶりの日本一奪還へ意気込んでいる。沖縄県久米島町での1次キャンプ終了前日の10日も攻守で鍛え抜いた。打撃で好感触をつかんでいる選手会長が、低迷するチームの巻き返しをけん引する。

 今季から岸孝之(宮城県出身)と細川亨(青森県出身)の東北出身のベテランが加入。シートノックや内野の連係など若手からベテランまでが声を出して盛り上げる。銀次は「ベテランがすごく声を出すので、若手もつられて、みんなでいい雰囲気にしようとしている」と士気の高さに手応えを感じている。

 2年目となる選手会長として「大変...    
<記事全文を読む>