育成選手の宋家豪が2軍でシート打撃に初登板した。打者12人に対し33球を投げ、3被安打、1四球、2奪三振。テンポ良く打ち取る投球で目標の支配下登録に向けて順調な滑り出しを見せ「初の実戦形式だったが、感触は悪くない」と手応えを得た様子だった。

 力のある直球を主体に変化球も低めに集め、打者をゴロで仕留めた。フェルナンドらには安打を許したものの、堀内、八百板には追い込んでから決め球のチェンジアップで空振り三振。「制球が良く、打者がバットを振りたくなるゾーンに投げ込めた」と納得の表情を浮かべた。

 昨季、母国台湾から育成枠で入団。主に先発として2軍で15試合に登板して6勝3敗、防御率2.44の好...    
<記事全文を読む>