3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督が視察に訪れ、代表メンバーの則本、松井裕の両投手、嶋捕手の状態を確かめた。9日に下半身の張りを訴えた嶋は別メニュー調整だった。

 打撃練習では福田外野手が鋭い打球を飛ばしていた。2軍が練習する仲里野球場ではシート打撃があり、育成の宋家豪(ソン・チャーホウ)投手が好投した。

 1軍キャンプ最終日の11日は紅白戦があり、則本、松井裕が登板予定。1軍は12日から沖縄県金武町に移動する。練習後、1、2軍のメンバーの振り分けが球団から発表された。

 新人はドラフト1位の藤平投手(神奈川・横浜高)を2軍の久米島に残し、2...    
<記事全文を読む>