東北楽天の嶋基宏捕手(32)が9日、沖縄県久米島町で行っている春季キャンプで下半身の張りを訴え、練習を途中で切り上げた。宿舎で静養し、10日の練習参加は状況を見て判断する。

 梨田昌孝監督は「ふくらはぎが硬くなっていると聞いた。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を優先しないといけない」と話した。

...    
<記事全文を読む>