チーム最年長41歳の松井稼頭央が精力的にバットを振り込んでいる。「キャンプでの練習が結果につながる。そこだけを考えてやっている」と語気を強める。

 全体練習後にほぼ連日、トスされた球を遠くへ飛ばすロングティー打撃に取り組む。「しっかり体を使って大きく振ることを意識している。スイングに力があればいい打球がいく。一球一球考えて試しながら打っている」。梨田昌孝監督が見守る日も多く、「タイミングの取り方など助言をもらう」と感謝する。

 昨年までは久米島キャンプを打ち上げた後も残って2軍で調整したが、12日に沖縄本島に移動する1軍に志願して帯同する。「実戦が早くなるが、そこに合わせて準備していく」と...    
<記事全文を読む>