前夜の雨の影響で練習は室内練習場で行った。シート打撃を前日に続いて実施し、巨人からトレードで移籍した小山雄輝投手ら4投手が登板した。無死一塁などの場面を想定し、茂木栄五郎内野手や銀次内野手らが打撃や守備に取り組んだ。

 ベテラン松井稼頭央外野手も打撃練習などをした。嶋基宏捕手は下半身の張りを訴え、練習を早退した。

 1軍は12日に沖縄県金武町に移るが、ドラフト1位新人の藤平尚真投手(神奈川・横浜高)について梨田昌孝監督は「(久米島に残る2軍に)置いていこうと思っている」と話し、2軍に合流させる考えを示した。(9日、曇り、正午の気温13.7度)

...    
<記事全文を読む>