■竹田球団社長(福光出身)招く プロ野球・北海道日本ハムファイターズ公認の南砺後援会の設立総会が8日、南砺市の福光中央会館で開かれた。竹田憲宗球団社長が同市太美(福光)出身であることを縁にチームを盛り上げ、球団や他の後援会との交流を通した地域活性化も目指す。

 市内外の野球関係者や竹田社長の知人ら約100人が出席。球団からは竹田社長をはじめ職員3人が招かれた。規約と役員、事業計画を承認。9月5日に富山市民球場で行われる楽天との公式戦(日本ハム、北日本新聞社主催)の応援ツアーを企画する。

 後援会長に就いた田中幹夫市長は、福光地域でバットの生産が盛んであることに触れ、後援会活動がそのPRにも...    
<記事全文を読む>