今キャンプ初めてのシート打撃を実施した。森雄大ら投手6人が登板し、嶋基宏捕手や銀次内野手ら野手18人と対戦した。野手は1人2打席で、西田哲朗内野手が二塁打2本と存在感を示した。投手は森が力のある直球を投げていた。

 アマダー内野手が体調不良、塩見貴洋投手が7日の練習中に腰を痛めたため練習を休んだ。(8日、曇り、正午の気温20.6度)

...    
<記事全文を読む>