休日明け、中田のバットが“予告通り”快音を響かせた。フリー打撃では33スイングのうち11発の本塁打。さらにその後のロングティーでは87スイングで65発の柵越え。場外弾も10発飛び出した。

 第1クールでは、練習後に200スイング以上黙々とロングティーを行い、さらに夜間練習で打ち込み。徹底的に追い込み、肉体疲労もピークだった。

 6日の休日は完全休養。釣りでリフレッシュし体を休めると、この日は思惑通りスイングにキレが増した。キャンプ序盤は打球の飛距離に悩んでいたが、もう遠い過去の話のよう。「第1クール終わったくらい、楽しみにしておいて」の言葉通り、面白いように打球が飛んだ。

 中田は「いいんじ...    
<記事全文を読む>