則本昂大が3度目のブルペン入りで、今キャンプ最多117球の力投を見せた。来月7日に1次リーグ初戦を迎えるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)まで残り1カ月。日本代表の投手陣の柱として期待される右腕は「球への指のかかりなど感触を確かめながら練習できている」と順調に調整を続けている。

 「50球を超えたくらいからばてた」と言うが、捕手のミット目がけて直球主体に勢いのある球を投げ込んだ。対応が課題となる、滑りやすいWBC公認球にも「細かいところを詰めていけば問題ない」と慣れてきている様子。今後は「もう少し投げるスタミナが必要」と投げ込みの機会を増やす考えだ。

 WBCに向け、習得に励むカ...    
<記事全文を読む>