第2クールに入った。則本昂大投手がブルペン入りし、今キャンプ最多の117球を投げた。元中日投手の郭源治氏(60)が研修コーチとして加わり、安楽智大ら若手投手に助言した。

 野手陣は試合形式のノックを初めて実施し、守備の連係や状況に応じた走塁を確認した。1軍練習に初めて呼ばれた村林一輝内野手がノックなどで軽快な動きを見せた。

 梨田昌孝監督は2軍が練習する仲里野球場を視察。「2軍から岸の(ブルペン)投球を見たいという要望があった。選手にとってプラスになればいい」と見学の機会をつくる考えを示した。(7日、曇り、正午の気温18.2度)

...    
<記事全文を読む>