【宮崎県日南市で運動部・斎藤孟】プロ野球西武の菊池雄星(花巻東高)は、宮崎県の日南市南郷スタジアムで、2年連続の開幕投手へ向け、順調な調整を続けている。初のリーグ制覇を目指し、「1年間、一度もローテーションを飛ばすことなく、投げ続ければ絶対に数字はついてくる」と自信をみなぎらせ、若い投手陣を引っ張る。

 7日は内野陣との連係プレーを確認した後に、ブルペン入り。直球、カーブ、スライダー、フォークを混ぜて35球。「8年目で一番いい状態」と切れ味抜群の球を披露した。

 現在の重点課題はフォークボールの習得。「追い込んでから、どうしても球数が増えてしまうので、一球で決着がつけられる球があれば」と意...    
<記事全文を読む>