堂々と力強くストレートを投げ込んだ。大嶺祐太投手が石垣島キャンプのブルペンで存在感を見せている。プロ11年目。背番号は「1」から「11」。そして「30」へと2回目の変更を行った。心機一転して挑む新たなシーズン。今季に懸ける強い決意がみなぎっている。

 「背番号の変更に関しては、いい意味でとらえています。30という番号は気に入っています」        □        ■        □ 飛躍の年とすべく挑んだ昨シーズンだったが、わずか1勝と苦汁をなめた。オフに入ると、自己改革を行った。自分の投球を見つめ直し、ストレートの威力を意識するフォームづくりに取り組んだ。そんな矢先に球団から背...    
<記事全文を読む>