日本ハムの浅間大基外野手(20)が5日(日本時間6日)、休日を返上して自主練習を行った。今オフは筋力トレーニングに積極的に取り組み、体重は4キロアップ。パワフルな肉体を手に入れ、打球の飛距離も一気に伸びた。レギュラー奪取を目標に掲げる3年目のシーズン。「勝負の世界。どんどん攻めていきたい」。期待のホープが、覚醒の時を迎える。

 打球が、面白いように伸びる。巧みな浅間の打撃に、力強さが加わった。オフ期間は背筋や下半身を中心に、地道なウエートトレーニングを繰り返した。重りとセット数を増やし、ひそかに肉体改造を実施。83キロまで体重を増やした。(宮西雄太郎)

...    
<記事全文を読む>