宮崎県日南市でキャンプを行っているプロ野球・広島東洋カープを4日、山陽新聞社の越宗孝昌会長が訪ね、1984年以来33年ぶりとなる日本一に向け、松田元(はじめ)オーナーを激励した。

 約4200人のファンが詰め掛けた天福球場ではこの日、昨季5勝の福井優也投手(岡山県西粟倉村出身)がブルペン入り。ともに理大付高出の九里亜蓮と薮田和樹の2投手も午後のフリー打撃に登板した。

 昨季セ・リーグで25年ぶりの優勝を果たした広島は大黒柱の黒田博樹投手が引退。沢村賞のジョンソン、倉敷市出身で最多勝に輝いた野村祐輔両投手に次ぐ先発陣の整備がリーグ連覇の鍵を握る。

 福井投手らの投球を見守った松田オーナーは「福...    
<記事全文を読む>