安楽がキャンプ4日目、ブルペン入りしスピードのある直球74球を投げた。ブルぺンは3度目だが「変化球の前に直球が良くないと何の意味もない」と、まだ直球しか投げていない。全体練習終了後には、タオルを使ったシャドーピッチングを欠かさず、フォーム固めにいそしむ。「(ボールを離す)トップの位置が定まっていないが、日に日に良くなっている」と手応えを話す。理由はオフの鍛錬にある。「(体の)エンジンを大きくしたい」と地元・愛媛で、知人のボディービルダーの助言を受けながら筋力トレーニングに励んだ。下半身のみの強化に4時間費やす日もあるほど集中的に鍛えた結果、体全体が一回り大きくなった。現在は投球フォーム...    
<記事全文を読む>