横浜DeNAの春季キャンプ第1クール第3日は3日、沖縄・宜野湾市立野球場で行われ、先発として期待されるクラインと守護神候補のパットンの新外国人両投手が今キャンプで初めてブルペン入りし、力感あるボールを投じて首脳陣にアピールした。シート打撃には三嶋、熊原、砂田、飯塚が登板した。

 また投手と内野手が室内練習場に集まり、サインプレーを確認。フリー打撃では3年目の倉本が快音を響かせたほか、筒香が場外弾を含む10本の柵越えを放った。

 ラミレス監督は「クラインとパットンはいろいろな球種を試してくれたし、いいボールを投げていたね。筒香の状態の良さはキャンプ3日目には見えない。アンビリーバブルだよ」と...    
<記事全文を読む>