【ピオリア(米アリゾナ州)喜代吉健介】2年連続の海外キャンプとなる1軍春季キャンプ2日目の2日(日本時間3日)、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ出場しないことが決まった大谷は前日に続き、別メニューで調整した。ランニングやキャッチボール、ティー打撃などで汗を流した。投手陣は、背番号を「1」に変更して勝負の年を迎えた斎藤や、リリーフ陣の柱として期待される鍵谷らがブルペン入りした。野手陣はノックやフリー打撃などで調整に励んだ。新加入の大田が特打を行い、鋭い当たりを連発した。また、栗山監督は練習後に報道陣の取材に応え、大谷のレギュラーシーズンの開幕投手について「間に合わない...    
<記事全文を読む>