3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平(22)を代表から外すことを明らかにした。近日中に代替選手として先発投手を追加する。

 大谷はキャンプイン直前の1月31日に投手での出場を断念することを表明しており、打者での参加が可能かを巡って日本代表と日本ハムが調整していた。

 小久保監督は宮崎県日南市で行われている西武のキャンプを視察後に「思うように状態が上がってこなかった。無理をさせられる状態じゃない」と説明した。本人には電話で伝えたという。

 大谷は昨年の日本シリー...    
<記事全文を読む>