中日の中継ぎ右腕、又吉克樹(26)=西原高-環太平洋大-四国アイランドリーグ・香川=は先発起用も視野に調整している。昨季は入団から3年連続60試合以上となる62試合に登板したが、6勝6敗と安定感を欠いた。チームは19年ぶりにセ・リーグ最下位に沈み、かつての投手王国再建が鍵となる中、又吉は今季を「勝負の年」と位置付けている。

 キャンプ初日のブルペンでは森繁和新監督や、球団OBで「フォークの神様」の杉下茂臨時コーチの前で変化球を交ぜて69球を投げ込んだ。捕手から「いいねぇ」との声が何度も飛び、白い歯をこぼした又吉は「このオフの2カ月間の調整は間違ってはなかった」ときっぱり。ノック練習では、...    
<記事全文を読む>