東北楽天は2日、オコエ瑠偉外野手が右手薬指の剥離骨折の疑いで春季キャンプ地の沖縄県久米島町から東京都内に移動し、都内の病院で精密検査を受けたと発表した。

 球団によると1日の練習中に薬指の付け根部分に痛みを訴え、2日は全体練習に参加したもののウオーミングアップなどをした後にチームを離れた。3日に久米島町に戻り、その後は2軍キャンプ地の仲里野球場で調整する予定だという。

 梨田昌孝監督によると、昨年10月の秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)で右手中指を痛めており、その指をかばって11月の秋季キャンプなどで薬指を負傷した可能性があるという。

 梨田監督は「前日の打撃練習を見ていても状態が良く...    
<記事全文を読む>