1軍キャンプに育成選手からただ1人入った島井寛仁は「元巨人の鈴木尚広さん(福島・相馬高出)のような足のスペシャリストになり、1軍入りをつかみ取る」と決意を語った。

 梨田昌孝監督が今季掲げる機動力強化に向け、「チームに刺激を与えてくれる」と、俊足に期待され1軍キャンプに入った。島井は「プロ5年目で1軍キャンプスタートは初めて」と気持ちを高ぶらせ、走塁や外野の守備練習に取り組んでいる。

 昨季はチームの盗塁数はリーグワーストの56個だった。30メートル3秒7という俊足でチームに貢献するため「もうレギュラーは目指さない。競った場面の代走や、その後の守備固めで役割はある」と腹を決めた。

 育成3年...    
<記事全文を読む>