則本昂大はキャンプ初日から岸孝之と並んでブルペンに入り、「しなやかなフォームから切れのある真っすぐを投げていた。すごく新鮮だった」と印象を語った。「実績があり、本当に頼もしい先輩。僕自身、刺激になることが多いと思う。早くシーズンが始まってほしい」と期待した。ブルペンは、3月に出場するWBCに向け、大リーグ球場を想定して整備された硬いマウンドを使用した。「いい環境でやらせてもらっている。しっかり調整し、WBC本番を迎えたい」と気合を入れた。WBCでは、大谷(日本ハム、岩手・花巻東高出)が故障のため、投手として出場しないというニュースが伝わった。則本は「僕たちも残念だが、本人が一番悔しいと...    
<記事全文を読む>