昨季限りでユニホームを脱いだ三浦氏がキャンプ初日の1日、評論家として古巣のキャンプ地を訪れた。スーツ姿にリーゼントという、いつものハマの番長スタイルとはいえ、さすがにグラウンドでは見慣れない。本人は「すごく新鮮。僕以上に周りの人たちのほうが違和感があったんじゃないかな」と笑った。1年前とがらりと立場を変えた男がもう一人。練習後に行われた球団応援歌「熱き星たちよ」のレコーディングで、昨季までの常連だった三浦氏に代わり今永が担った。昨年11月のファンイベントでバラードを歌い上げた左腕は「きょうは4万人もいないですけど、美声を響かせますよ」とにやり。収録に向かう背中は、マウンドに上がるとき...    
<記事全文を読む>