プロ野球北海道日本ハムの新球場建設構想を巡り、札幌市が市内の候補地として学校法人八紘学園(木村宏理事長)の豊平区内の所有地を検討し、学園に協力を求める方針であることが1日分かった。学園側の理解が得られれば、本年度中に球団に候補地の一つとして提示する。学園の所有地に隣接する旧道立産業共進会場(ケーズデンキ月寒ドーム)の敷地も含め、新球場用地として一体的に活用する案が検討される可能性もある。複数の関係者が明らかにした。八紘学園の所有地は約60ヘクタール。学園が運営する北海道農業専門学校、牧草地、牛舎などがある。敷地西側は市営地下鉄東豊線福住駅から数百メートル、東側も地下鉄東西線南郷13丁目...    
<記事全文を読む>