【ピオリア(米アリゾナ州)=共同】日本ハムの大谷翔平選手は1月31日、右足首の故障で調整が遅れているために3月開催の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に投手としては出場しないと明らかにした。キャンプ地の米アリゾナ州ピオリアで「ぎりぎりまで状態を上げようと思ったが難しかった」と話した。打者として出場を目指すが、状態が上がらない場合は出場辞退もあり得る。

 初選出されたWBC日本代表では、3月7日の1次リーグ初戦となるキューバ戦での先発が内定していたという。

 日本ハムのチーフトレーナーによると痛みが長引けば手術の可能性もあるというが、現在は回復傾向にある。吉村浩ゼネラルマネジ...    
<記事全文を読む>