プロ野球12球団の春季キャンプが2月1日、国内外で一斉にスタート。高知県でも阪神タイガース2軍が高知県安芸市の安芸球場、西武ライオンズ2軍が高知市の春野球場で始動し、シーズンに向けた体力、技術向上に取り組んだ。

 安芸球場は穏やかな風、柔らかな日差しに包まれた絶好のキャンプ日和。掛布雅之2軍監督と選手は午前9時前に球場入りした。

 歓迎行事で横山幾夫安芸市長が、テレビ番組で掛布監督がファンに向けて、昨季4位だった1軍の金本知憲監督と自分自身に「喝を入れて」と話していたことを挙げ、「今年は全てが『あっぱれ』になるよう頑張って」とエール。安芸市内の保育園児が「フレー、フレー、掛布」と元気な声を...    
<記事全文を読む>