プロ野球東北楽天のキャンプが1日、沖縄県久米島町で始まった。就任2年目の梨田昌孝監督の下、3年連続Bクラス(4位以下)からの脱却を目指し、練習を開始した。

 午前9時すぎ、久米島野球場に集合し、ユニホーム姿で全体写真を撮影した。その後、円陣を組み、梨田監督が「2月1日はプロ野球選手のお正月。頼むぞ」とハッパを掛けた。

 気温約19度、小雨交じりの天気だったが、2年目のオコエ瑠偉外野手の掛け声に合わせ、全員で「イチ、ニ、サン、シ」と声を出し、力強くランニングした。

 1軍キャンプは久米島野球場で11日まで実施し、沖縄本島に移動する。2軍キャンプは久米島町の仲里野球場で20日まで行い、宮崎県日向...    
<記事全文を読む>