プロ野球11球団の春季キャンプが1日、沖縄と宮崎で一斉に始まった。沖縄ではヤクルト、阪神、中日、DeNA、ロッテ、楽天の6球団と日本ハム2軍がキャンプイン。球場には多くの野球ファンが詰めかけ、球春到来に心を躍らせた。

 宜野座村の阪神キャンプでは、県内外から100人を超す虎ファンが球場に駆けつけた。就任2年目の金本知憲監督は「1カ月間しっかり鍛えて素晴らしいキャンプを過ごし、万全の状態で開幕を迎えられるよう頑張りたい」と決意を込めた。

 今月中旬には、巨人、広島、日本ハム1軍が沖縄入りし、25日からオープン戦が行われる。公式戦は3月31日、セ、パ両リーグが同時開幕する。
<記事全文を読む>