29日、仙台市青葉体育館で2試合が行われた。仙台ベルフィーユは大野石油広島と今季ホーム最終戦を戦い、2-3で敗れた。勝ち点を18(5勝12敗)としたが、順位は変わらず8チーム中6位。今季の残り試合数は4となった。

 仙台は第1、2セットを失ったが、津賀、主将渡辺彩らの活躍で第3、4セットを連取。第5セットは6連続得点などで一時はリードしたが、最後は相手の強打に押し切られて18-20で落とした。

 仙台は2月11日、千葉県の柏市中央体育館で柏エンゼルクロスと対戦する。<渡辺「出だしからリズムが悪かった」> 仙台は大野石油広島に敗れ、ホーム最終戦を白星で飾ることができなかった。主将渡辺彩は「出...    
<記事全文を読む>